英語上達のヒント:家中のものを英語で言ってみる。

いろんな人に「どうやったら英語が上達できますか?」と聞かれます。

なかなか難しい質問です。

留学すれば英語が上達するよ!と言いたいところですが、何年留学したって話せない人は沢山います。留学したことがなくてもスラスラ話せる人もいます。

日本で生活しながら長期間にわたって英語の勉強をする場合は、いかに日常に英語を取り入れるかが大切なんじゃないかと思います。

手始めに、家の中にあるものを全部英語で言ってみて下さい。

これが結構難しかったりするんですよ。

うちのオフィスにあるものを英語で言ってみると、

老眼鏡: reading glasses
骨格標本: skeletal model
砂時計: sandglass
豚の貯金箱: piggy bank
穴あけパンチ: hole punch
パンフレット: brochure
石油ストーブ: kerosene fan heater

などなど、です。

 

さて、あなたの身の回りのもの、辞書を引かずにいくつ英語で言えますか???

カテゴリーtips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください