何時? It’s ten after three え?

今日は時間の表現についてお話しします。

え? 何? そんな言い方学校で習ってないですよ? と心から思ったこの表現。

例えば3時10分はthree tenとも言いますし、ten after(past) threeとも言います。つまり”3時を10分過ぎた”という意味ですね。

3時5分ならfive after(past) threeと言います。

3時15分ならquarter after(past) threeと言います。ここでは4分の1のクォーターが登場します。

2時45分ならquarter to threeと言います。2時50分ならten to threeです。toは「〜まで」という意味ですので、この場合はそれぞれ、3時まで15分、3時まで10分ということです。

これ、とっさに言われると、はいいい?ってなりますよね。

慣れが必要なんですが、慣れてしまうと中々便利な言い回しです。それにネイティブっぽいでしょ?(笑)

誰かに時間を聞かれたら、この表現を是非使ってみてくださいね。

 

What time is it?

カテゴリーtips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください