大さじと小さじ

英語って合理的だな〜って思うことが多いです。こちらの意思をはっきりと伝えたい時には英語の方が直接伝わりやすいような気もします。

しかしそんなことばかりではありません。料理番組を見ている時に引っかかるのがこの表現、大さじと小さじです。

大さじ = table spoon (略語:tbsp)

テーブルスプーンはカレーとかシチューを食べるあのサイズのスプーン。

小さじ = tea spoon (略語:tsp)

紅茶を優雅にかき混ぜるあのサイズのスプーン。

なぜ、bigspoonとsmallspoonではないのか?慣れるまではよく混乱しました。日本語ではあまりテーブルスプーンという言い方はしませんからね。うちも実家では「おっきいスプーン」と「ちいさいスプーン」で通ってましたし。 大さじや小さじではなくスプーンで実際に計ってみるとそれぞれ大体合ってますので、これ、意外に使えますな〜という話でした。

素人っぽさがなんだかいい感じの動画です。

カテゴリーtips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください