味わう英語

食べることに関する英語表現をいくつか紹介したいと思います。

まずは味覚から。↓にいろんな味覚があります。

甘い sweet
辛い hot, spicy
塩っぱい salty
酸っぱい sour
苦い bitter
うまみ umami

umamiというのは肉や魚などダシの出るものを食べた時に感じる味覚で、日本人が発見したといわれています。よって、umamiはそのまま英語になりました。「ウーマーミー」と発音する場合と「ユーマーミー」と発音する場合がありますが、日本語なので、外国人の方が変な発音をしているのを聞いた時には、「ウマミ」って読むんだぜ?って教えてあげましょう(笑)

 

「おいしい」は英語でなんて言う?

おいしいをそのまま訳せばdeliciousになりますが、もちろん毎回毎回こうやって言うわけではないです。その他にもtastyやyummyなどがあります。

日本語でも若者を中心につかう「やばい!」という便利な単語がありますが、もちろん英語でも、直接「おいしい」と言わずに、awesomeだったり、amazingだったり、fabulousだったりという言葉を使います。

そして、goodやgreatも「おいしい」という意味で使います。

美味しいものを食べて、感想を言う機会があったらdelicious以外の言葉もぜひ使ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください