英語のスピーチをしたことがありますか?

『英語でスピーチなんてとんでもない!』

という声が聞こえてきそうです。でも簡単に言ってしまえば「人前で自分の考えていることを話す」ことなので、いつもやっていることとそう変わりはありません。

英語のスキルを伸ばしたい!と考えている方には英語スピーチをお勧めします。それには3つの理由があります。

①発音の練習になる
1対1ではなく複数の前で話すときはいつもより大きな声ではっきりと話す必要があります。普段話しているよりもはっきり発音しようとすると最初は中々上手くいかないかも知れません。何度も練習するうちに口や舌の筋肉が鍛えられて発音が良くなります。

②度胸がつく
日本語を話すときは大丈夫だけれど、英語になると下を向いたり目を合わせて話せなくなる人がいます。最初は誰でもそんなもんです。人前で話す機会が多くなるとだんだんその状況に慣れてきて、緊張しなくなってきます。英語を話すときも相手の方を見て話すのと下を向いて話すのでは全く伝わり方が違います。

③論理的に話す力がつく
スピーチは殆どの場合、制限時間があります。決められた時間の中で自分の考えていることを並べて相手に伝えなければいけません。スピーチの基本構造は序論→本論→結論です。その型に当てはめることで聞いている人もとても分かりやすくなります。

この3つはスピーチだけでなく、日常会話にもそのまま使えます。最初は勇気が要るかも知れませんが、英語学習に取り組んでいる全ての人にスピーチにも挑戦して欲しいと思います。

SECではスピーチ講座、そしてスピーチコンテストを定期的に開催しています。ご興味のある方は例会にも是非ご参加下さい。

スピーチを本格的にやってみたい!という方にはトーストマスターズクラブへの入会をお勧めします。トーストマスターズクラブはスピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップのスキルを向上させることを目的に活動している世界規模の非営利団体です。SECの管理人のTakaは名古屋の栄トーストマスターズクラブの正会員で、月に2回栄に行って楽しくスピーチを学んでます。残念ながら三重県には2019年2月現在では四日市に1つしかありませんが、日本各地にたくさんクラブがありますのでご興味のある方は近くのクラブに「ゲスト」として参加してみてください。1つのクラブにつき最初の3回は無料で見学することができます。

リンク:
トーストマスターズインターナショナル(日本語)[http://district76.org/ja/]
Toastmasters International(英語)[https://www.toastmasters.org/]
栄トーストマスターズクラブ [https://sakaetmc.jimdo.com/]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください