摂氏と華氏

先日のSECの例会で温度のことを少しとりあげて、摂氏と華氏について話しました。

摂氏はみなさんご存知「℃」です。華氏は「℉」と書き、Fの横にちっちゃい丸がつきます。それぞれのはCelciusのCとFahrenheitのFの頭文字なんですね。

今でも華氏を使うのはアメリカだけだと思うんですが、数字が大きいのでちょっとびっくりすることがあります。

水が凍り始める温度は摂氏では0度ですが、華氏では32度です。

人の体温は摂氏でおおよそ36度ですが、華氏ではおおよそ97度です。

パンを焼く温度は摂氏で200度くらいなので、華氏にすると392度になります。

数字が大きくてびっくりすると思いますが、その単位が何なのかをちゃんと読み解くことが必要ですね。

weather channelなんかを見てみると全部華氏表記の場合はこんな感じです↓

一見、びっくりするような数字が並んでますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です