くしゃみをしたら

クシャミを英語でsneezeといいます。

クシャミの音はachoo, atchoo, atishooと表記することが多いです。

日本人かどうかはクシャミを聞けば分かる、なんて言いますけど、これは本当です。

アメリカにいた時に「へっ、へっ、へっくしょーい!」とクシャミをする人を見たことがありませんでした。

人間の本能として備わっている「くしゃみ」ですが、どうやってするかは生まれ育った環境によって左右されるんですね。

また、クシャミをした人に対して「bless you」といいます。全然知らない人がしていても言います。言われた人(クシャミをした人)は「thank you」と返します。その理由は諸説あるので、興味のある方は自分で調べてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です